スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミネラルズブロック再挑戦

ミネラルズブロックにキュウリをこすり付けてみました。
キュウリの臭いに誘われるはず・・・。
RIMG2490.jpg RIMG2493.jpg 
失敗・・・。
スポンサーサイト

テーマ : リクガメ
ジャンル : ペット

あくび二連発

RIMG2332.jpg 

RIMG2333.jpg 

RIMG2336.jpg 

RIMG2337.jpg 

RIMG2338.jpg 

RIMG2340.jpg 

RIMG2341.jpg 

RIMG2342.jpg 

RIMG2343.jpg スヤスヤ

テーマ : リクガメ
ジャンル : ペット

床材試行錯誤3

RIMG2257.jpg 牧草

先日、シェルターに植木鉢、籠も試しました。
RIMG2154.jpg RIMG2155.jpg
何にしても、特に嫌がりもせず、喜びもせず。

水入れに砂利(カルシウムサンド)を敷いてみました。
カルシウム摂取に役立つかと。
RIMG2252.jpg RIMG2259.jpg 

テーマ : リクガメ
ジャンル : ペット

亀戸天神

噂の亀戸天神社
RIMG2176.jpg

RIMG2177.jpg

RIMG2179.jpg

RIMG2182.jpg

お土産に買ったカメパン。
RIMG2240.jpg

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

家庭菜園を始めてから、カラスはチョコチョコ来てたのですよ。
でも、まぁ、ちょっとおすそわけなんて、ほのぼのしてたのですよ。
でも、昨日朝見たら、きれいな声で鳴く鳥達の宴が。
思わず、窓開けて。
すぐ、飛び去りましたが。
RIMG2143.jpg 宴の後

季節外れにまいた小松菜の芽がたくさん出たのですが・・・。
RIMG2148.jpg

朝、水をあげるのがつらい季節です。

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

やってはいけないこと

RIMG2105.jpg 

RIMG2106.jpg 

RIMG2107.jpg 「なにか?」

テーマ : リクガメ
ジャンル : ペット

真っ黒い犬でした

アメリカンコッカースパニエルです。
トライアングル動物眼科診療室に診せに父と東京に来た時の写真です。
片方の目が網膜剥離になり、失明しました。
RIMG1286.jpg

テーマ : アメリカンコッカースパニエル
ジャンル : ペット

水飲み記念

くつろぐザラタ。上から。
RIMG1974.jpg
横から。
RIMG1975.jpg
前から。
RIMG1977.jpg 「?」


RIMG1981.jpg

RIMG2100.jpg 

Tortoise Houseのクイズ採用記念に作っていただきました。ありがとうございます。
ザラタの乾燥肌がちょっと恥ずかしいですが、
ビニールシートを留めている青いテープもちょっと我が家の貧乏くささが出ていますが、
それはさておき。
クリックしてみてください。既製品のポストカードみたいできれいです。本当にありがとうございました。
kinen_1.jpg

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

カメ失敗談

あまり言いたくないことでも、どこかのカメのお役に立てればと。

【何度も冷たい空気を吸わせてしまった。】
寒くなり始めた頃の話です。日光浴場、温浴場には、暖めたタオル(ケージの蓋の上に置いておくだけ)に身体を包んで移動していました。身体さえ、冷えなければよいと勘違いしていたのです。鼻水をださせてしまった原因の一つです。
冬の日光浴はしない、温浴はケージ内で行うようにと病院で言われました。馬鹿な飼い主でごめんなさい。

【ハイビスカスをしおれさせてしまった。】
今日の話です。久しぶりに日光浴をと外にだしたまま、2日間ほど放置してしまいました。寒さに弱い植物と知っていながら。ごめんなさい。
RIMG2101.jpg

【電球に触れ、手の甲火傷。】
ケージ内に加湿器を置いてから、右側の保温球が窓の近くになってしまいました。右手の甲に触れて火傷したことが何度か。カメにぶつけること考えたら、飼い主の手なんてどうでもいいです。えぇ、どうでも。

【霧吹きで水を噴きかけ、保温球爆発】
カメがシェルターに入っていたからよかったものの、パーンッと爆発した時は、血の気が引きました。あれから、二度とケージ内で霧吹きは使用していません。保温球はいつ切れてもいいように、常に予備を用意しています。

RIMG2087.jpg 「!!」

テーマ : リクガメ
ジャンル : ペット

ザラタ甲長8センチ突破!

RIMG2058.jpg 4か月経過。

RIMG2065.jpg 前足がだいぶごつくなってきた。

RIMG2067.jpg 

RIMG2068.jpg 

RIMG2070.jpg 

RIMG2071.jpg 

RIMG2072.jpg 

RIMG2073.jpg 

RIMG2074.jpg 「では。」

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

ナミビア

カズウリ100グラム突破しました。甲長も7.8センチと、順調に成長しています。
RIMG1982.jpg
ヒョウモンガメは亜種分けをしないのが一般的だそうです。
以下が、ナミビアヒョウモンガメ(Geochelone pardalis pardalis)とバブコックヒョウモンガメ(Geochelone pardalis babcocki)の見分け方だそうです。
・甲羅が扁平で、やや細長い。
・甲羅の黒い斑紋が細かい。(幼体時は判別不可能)
・四肢に暗色の班がある。
・各甲板に複数の黒斑がある。
・首、尾に黒い線がある。
RIMG1996.jpg RIMG1998.jpg
さて、我が家のカズウリはというと
・甲羅が扁平で、やや細長い。
 →バブコッキに比べれば扁平で細長いです。家に来た当初はもっと扁平でした。
・甲羅の黒い斑紋が細かい。
 →成長して、細かいきれいな斑紋がでてきました。
・四肢に暗色の班がある。
 →あります。首にも、顔にもあります。
・各甲板に複数の黒斑がある。
 →複数あるのは、椎甲板2枚のみです。
・首、尾に黒い線がある。
 →尾にライン模様がありますが、首にはありません。
といったように、ナミビアの特徴を全て持っているわけではありません。アメリカCBで明確に区別がつかない個体が、日本で多く出回っているそうです。どうみてもバブコッキでしょうと思ってしまう個体がナミビアとして売られているのを見たことがあります。
カメには犬猫のように血統書はありません。そもそも亜種分けをしないことが一般的になっているのです。ワイルドが出回らない以上、ピュアなナミビアはどんどん見られなくなっていくのかもしれません。
もちろん、生き物をかわいがるのに、種なんて関係ないことかもしれませんが・・・。

RIMG1986.jpg 「僕は、ヒョウモンガメ基亜種のナミビアヒョウモンガメです。」

RIMG1988.jpg 「えっ、甲板の模様?」

RIMG1989.jpg 「・・・。」

RIMG1990.jpg 「・・・ナミビアだもん。」

テーマ : リクガメ
ジャンル : ペット

我が家の亀飼育QA

今までの飼育の中で、わからなくて困ったことなどをまとめてみました。

Q.糞食について。餌の量、回数を増やしても、ウンチをするとすぐに食べてしまいます。
A.飼育一ヶ月経過位で、食べなくなりました。

Q.野菜だけの食事では、カルシウム不足になるのか。
A.甲羅の成長の早いケヅメリクガメの幼体では、カルシウムの添加が必要。カルシウムを過剰に摂取しても、問題ないので必ず添加すること。(病院)

Q.フローリングの上を歩かせると、足を引きずるようになるという記述をみた。歩かせない方がよいのか。
A.ヤシガラのような柔らかい床材は、人間が砂浜の上を歩くようなもの。硬い床の上も歩くことが必要。たくさん歩かせる方がよい。(病院)

Q.同じサイズのケヅメとヒョウモンを一緒にして大丈夫か。
A.3ヶ月の検疫期間を置くこと。(病院) 本当は、狭いケージの中で多頭飼育すべきではありません。我が家の場合も、ヒョウモンは全く気にしてませんが、ケヅメは嫌なのかもしれません。なにか問題があればすぐ別居させるつもりです。

Q.卵の殻をカルシウム補給として与えてもよいか。
A.吸収がよくないので、炭酸カルシウムのほうがよい。(病院)

Q.園芸用の石灰、土を食べても問題ないか。
A.化学肥料を含んでいるのであれば、カメが摂取しないように注意すること。(病院)

Q.鼻水を出した、温浴回数を増やすべきか。お湯で鼻の中をゆすぐ、イソジン浴、ポカリスエット浴などは効果があるのか。
A.温浴はいつもどおりにすること。(病院)

Q.口の周りが餌で汚れて緑色のままずっと取れません。
A.キュウリをかじらせると、きれいになります。

(病院)・・・レプタイルクリニックで教えていただいたことです。

RIMG1933.jpg 

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

手乗りガメ!?

RIMG1950.jpg 

RIMG1954.jpg 

RIMG1956.jpg 

RIMG1958.jpg 

RIMG1924.jpg そこに手があるから。

テーマ : リクガメ
ジャンル : ペット

カメ様のお食事

本日のメニューは朝採り野菜。
左から、イタリアンタンポポ、カブ、チンゲンサイ、ケール(キャベツ)、大根になります。
RIMG1867.jpg

水洗いして、千切りにします。
カズウリは噛み合わせが悪いので、野菜を噛み切らなければいけないサイズにするとうまく食べれません。千切りにすると口の幅に噛み切らずに収まるので食べやすくなります。また、ミジン切りと違い、野菜が絡むのでどんどん口の中に入ります。レプタイルクリニックで教わりました。ザラタもこうするとたくさん食べます。 顎の運動、カルシウムの添加はおやつのキュウリで行います。
RIMG1873.jpg

RIMG1900.jpg

RIMG1908.jpg 「グルメリポートですか?」

RIMG1911.jpg 「まぁ、おいしいです。」

RIMG1912.jpg 「でも、いつもは。」

RIMG1916.jpg 「切り方がもっと雑です。」

テーマ : リクガメ
ジャンル : ペット

カメハウス(ケージ内)

RIMG1846.jpg
 

・・・照明(温度管理)・・・
爬虫類サーモに、紫外線ライト(ポゴナクラブ パワーUVB 32W)×2、保温球(ポゴナクラブ ビバリウムムーンシャワー100W)×2をつないでいます。
紫外線ライトは、10時?22時の間点けています。2本ありますが、大抵は1本しか点けていません。
保温球は30度以下で点く設定にしています。
一般的な飼育法と異なるのは、温度勾配、昼夜の温度差を作らないようにしていることです。また、スポットライトは撤去しました。
爬虫類病院で、意図的に温度勾配を作らなくても、ケージの外が寒ければケージの中心部と隅とでは温度差が出てしまう、また、ケージのある部屋全体の温度が昼と夜で違うのであれば、ケージ内も同じように温度差が出てしまう、とのことでした。カメの家庭医学の飼育環境、1.温度の項に同様のことが詳しく書かれています。

・・・床・・・
パネルヒーター(みどり商会 スーパー1 Lサイズ 完全防水)を敷いています。パネルヒータの上に置いた水入れの水は暖かく、ザラタがよく浸かっています。
床は、今は100円ショップで購入した大理石タイル(石灰岩)を敷いています。床材に関しては検討中です。
RIMG1852.jpg

・・・シェルター・・・
ザラタの家は100円ショップで購入したコースター置き、カズウリの家はあまった材木で作ったものです。底面にはコルクのコースターを敷いています。寒くなってからはパネルヒーターの上に置いています。
RIMG1862.jpg 

・・・ケージ・・・
90×45センチの自作ケージです。床の部分が掃除しやすいように引き出しになっています。100円ショップで購入したビニールシートを敷いています。日々の掃除はウエットティッシュで拭くだけですが、一ヶ月に一回程度は、ビニールシートを張り替えています。蓋は、4枚の板を置いています。暑い時期は何枚か開けたままにしていました。
停電したときのために、下の棚には大量のほっかいろが常備してあります。

テーマ : リクガメ
ジャンル : ペット

ミズガメになりたい

最近よく水入れの中にいる。
RIMG1806.jpg  RIMG1830.jpg 
寝ている。

テーマ : リクガメ
ジャンル : ペット

茎ぎらい

我が家のザラタ様は、茎の部分は食べません。
茎とか、嫌いな野菜などが混ざってることがわかると、もう食べてくださいません。
RIMG1681.jpg 

RIMG1688.jpg 

RIMG1689.jpg 茎発見。

テーマ : リクガメ
ジャンル : ペット

カズウリご挨拶

RIMG1737.jpg 

RIMG1739.jpg 「どもっ」

RIMG1743.jpg 「ども。」

テーマ : リクガメ
ジャンル : ペット

性別

RIMG1718.jpg カメは大きくなるまで性別がわからない。

RIMG1720.jpg なんとなく。

RIMG1721.jpg メスな気がする。

RIMG1716.jpg 「!?」

テーマ : リクガメ
ジャンル : ペット

リクガメの値段

2006年8月頃、ビッダーズや東京近郊の爬虫類ショップをまわって調べた、リクガメのだいたいの値段です。
WC(ワイルド)かCB(繁殖)かによって値段は変わります。
珍しい亜種やきれいな甲羅だったりしても値段があがります。逆にB品といわれる甲ズレ爪欠けなどのある個体は安くなります。
時期、ペットショップによって倍以上値段が違うこともあります。ビッダーズなどのオークションサイトや、レプタイルズショーなどのイベント、ショップのセールなどは比較的安く購入できるようです。
購入時は、自分で健康チェックができること、種類の判別ができることが必要だと思います。
最大甲長CITES幼体成体
アルダブラゾウガメ119II250,000500,000
ガラパゴスゾウガメ I  
ヘサキリクガメ45I  
インドホシガメ38II5,00010,000
ビルマホシガメ26II180,000150,000
ホウシャガメ40I 2,500,000
パンケーキガメ18II10,00010,000
アナホリゴファーガメ39II350,000300,000
メキシコゴファーガメ I  
ソリガメ30II180,000300,000
ケヅメリクガメ83II8,00030,000
バブコックヒョウモン70II8,00030,000
ナミビアヒョウモン70II80,000100,000
ケヅメヒョウモン40II120,000 
チャコリクガメ40II 120,000
アカアシガメ51II25,00010,000
キアシガメ82II28,00035,000
ホルスフィールド(ヨツアシ)22II5,00010,000
ギリシャリクガメ36II3,0004,000
ヘルマンリクガメ35II8,00010,000
マルギナータ38II25,000100,000
ミナミクモノスガメ15I (2005?) 150,000
キタクモノスガメ15I (2005?)200,000450,000
キバラクモノスガメ15I (2005?)120,000200,000
ヒラオリクガメ14I 400,000
エロンガータ36II15,00030,000
トラバンコア30II25,000 
スマトラムツアシガメ48II50,00015,000
ホームセオレガメ22II12,00012,000
ベルセオレガメ22II8,00012,000
エジプトリクガメ I  
ソマリアリクガメ II130,000 

RIMG0870.jpg
光熱費、飼育設備費を考えたら、生体の値段なんてどうでもよくなります。
何十年も一緒に暮らすのです。くいのない個体選びを・・・と思います。

テーマ : リクガメ
ジャンル : ペット

冬の家庭菜園

RIMG1596.jpgイタリアンタンポポ:亀の大好物。
キク科 

RIMG1597.jpgハツカダイコン:虫がつきやすい。
アブラナ科 

RIMG1598.jpgチンゲンサイ:成長が早い。
アブラナ科 

RIMG1602.jpgパセリ:我が家の亀は細かく刻まないと食べない。
セリ科

RIMG1604.jpgカブ:虫がつきやすい。
アブラナ科 

RIMG1605.jpgレンゲ:ザラタの大好物。
マメ科

RIMG1606.jpgケール:シュウ酸を含有している。
アブラナ科

RIMG1609.jpgコマツナ:育てるのが楽。
アブラナ科

RIMG1611.jpgクローバー(シロツメクサ):抗甲状腺物質を含む。
マメ科

RIMG1615.jpgイタリアンライグラス:伐っても伐っても伸びる。
イネ科 食物繊維が多い。

RIMG1584.jpgモロヘイヤ:寒さに弱い。
シナノキ科

RIMG1587.jpgコダカラベンケイソウ:ものすごく増える。

RIMG1591.jpgマルベリー(桑):左、ハイビスカス:右 

テーマ : リクガメ
ジャンル : ペット

カメハウス

木製の自作ケージ。下は亀飼育用品、ガーデニング用品の格納棚になっている。
隣に、加湿器付空気洗浄器(気化式)を置いている。
RIMG1568.jpg

ケージ内にも小型スチーム式加湿器を置いているが、つけていないことが多い。
ネットワークカメラを設置している。
RIMG1572.jpg


室内運動場(1m×1m)をホットカーペットの上に移動した。
下に犬猫用のペットカーペットを引いている。
RIMG1570.jpg
狭い隙間を通り抜けるのが好きなので、障害物を設置している。

テーマ : リクガメ
ジャンル : ペット

プロフィール

ザラタヌシ

Author:ザラタヌシ
カメの飼い主。
カメを見てるだけで、幸せな気持ちになります。

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。