スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫外線透過アクリルケース

日光浴をさせたい、でもまだ温度も湿度も低いし・・・ってことで、ついに完成、日光浴場です。
さぁ、好きなだけ太陽の光を浴びるがいいさっ!
RIMG3346.jpg

RIMG3350.jpg
紫外線透過アクリルはネットで購入しました。
持ち運びに便利な軽量小型ケース(47×47×25)です。
中のレイアウトはまだ検討中ですが、トレイに水を入れておけば湿度は保てそうです。
RIMG3394.jpg 「そっち行くでぇ。」

RIMG3395.jpg 「ん。なぜじゃ。」

RIMG3396.jpg 「おりゃぁ。」

RIMG3397.jpg 「うぅん?」

RIMG3398.jpg 「どうして。」

RIMG3399.jpg 「前に進めないぃ。」
透明なアクリルケージなので、外に出れないことがわからないみたいです・・・。
外はまだ寒いんだってば。

RIMG3404.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

コメント

非公開コメント

そういや

亀は日光浴するんだっけ・・・記憶に無かったです。

ザラタヌシさんはいろいろと工夫してらっしゃる。考えつくのが良いと思います。凄いなぁw

カメにとって日光浴は必要不可欠ですね。
セマルハコガメなどは日光が嫌いなのですが、必要に応じて勝手に日光浴しています。
どうしても室内飼育ですと、飼主が気を使わないといけないですからね。
暖かくなったら、思う存分広いところで日光浴できますね。
あともう少し!

上州羽物クラブさんへ

セマルは、1日どれくらい日光浴しますか。
日光をあてるとケージ中の温度がものすごく高くなるので、これは1時間位しか使えないです。

夏が待ち遠しいです^^

黎さんへ

カメの大きな甲羅は、太陽とカルシウムで作られるそうです。
甲羅干ししてるカメをどこかで見た事あるかもしれないですよ。

カメのためにがんばっても、カメが喜んでるかどうかは、わからないですけどね^^;
がんばりますっ。

セマルハコガメは、地下室を利用したカメハウス2号で生活しています。
地下室ですから、ほとんど日の光は当たりません。
そうですね、大体2時間が限度だと思います。
その時に、セマルもミツユビも日光浴をする為端の方に来ています。
全部が、と言う訳では無く、その時日光浴が必要と思った物だけが来るようです。
当然必要とされない物は、泥をかぶって寝ています。
私は特に気にせず、カメ任せですかね。
しかし、室内飼育ですと、強制日光浴はした方が良いと思います。

上州羽物クラブさんへ

やっぱり、カメが自分で好きなように動き回れるのが理想ですね。
同じ種類でも個体差があるだろうし。人間が管理するのは難しいと思います。
「カメ任せ」いいですね♪
プロフィール

ザラタヌシ

Author:ザラタヌシ
カメの飼い主。
カメを見てるだけで、幸せな気持ちになります。

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。