スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野生動物保護

ナショナルジオグラフィックチャンネルの「アフリカ?神の如く自然を操るべきか?」という番組を観ました。
最近はもしかしたらリクガメが写るかもしれないという理由でテレビを観たりします。

大体こんな感じの内容でした。
アフリカの人口増加、都市化に伴い野生動物との共存が難しくなっている。
象牙のためにアフリカゾウが乱獲され絶滅の危機に追いやられた。
アフリカ各国は、国立公園を作り野生動物を保護する政策をとる。
マサイ族などの原住民は公園のために土地や水資源を失ったりした。
しかし、家畜により砂漠化した土地では、ゾウが餌を求め農作物を荒らす。
公園には柵を作り、人間社会と隔離する必要がある。
公園の維持、管理には金がかかる。
海外から来る観光者やハンターから金を取ることで公園の維持が成り立つ。
一部の動物が犠牲になる。剥製、毛皮、飾り物などのお土産品ともなる。
管理された南アフリカのクルーガー国立公園内の場合ではゾウが増えすぎた。
よって、公園内の生態系を保つため間引きを行うことにした。
間引いたゾウの肉は缶詰になり、観光客のお土産品となる。
どのように自然と人間は共存すべきか。


リクガメは出てきませんでしたが、ナショナルジオグラフィックの「Think again」の通りに、野性って何だろう、自然って何だろうと考えさせられました。
現在、人間に名前もつけられていないような生物はおよそ175万種いるとされています。棲みかがなくなれば、そのような人間の保護の手が届かない生物は絶滅するしかないでしょう。
アニマルプラネットのナチュラルワールドシリーズ「生きた戦車 サイ 」では、増えすぎたサイをオークションで売ってました。サファリツアーが人気の南アフリカでは、需要もあるそうです。

野生動物保護の正解は私にはわかりません。
リクガメを飼い始めてから、野生動物を飼育してよいのかということを悩むようになりました。
リクガメは密輸の問題もある絶滅危惧種でありCITESで保護ざれた生物です。
でも、道路で車につぶされたヒョウモンガメの写真を観たことがあります。
アフリカに棲みかは足りているのでしょうか。
水は足りているのでしょうか。

それが動物のためになるのなら、一度アフリカのサファリツアーに行ってお金を使いたいとも思いました。
スポンサーサイト

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

コメント

非公開コメント

はじめまして^^

私のニュースサイト
芸能ニュース ザッピング!で
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://aidma.blog53.fc2.com/blog-entry-119.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^

hideさんへ

了解いたしました。
芸能ニュースとは、関係ない気がするのですが・・・。
よいのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

本来は野生動物の住む場所を、人間達が我が物顔で奪っていった結果ですね。
しかし、それでも私は人間です。
ましてや私は猟師ですから、住む場所、食料、身の安全の為、動物達を殺しているのも事実です。
大半は食料として狩猟していますが、有害鳥獣駆除などで、自分の目的以外の狩猟も行っています。
中には良い風に思われない方々もいますが、誰かがやらねば生活の安全が保てない状況にあります。
駆除の逆で、過剰な保護で殖えすぎてしまった鳥獣の被害も大変多いです。
どれが成否なのかは、私には分りません。
しかし、どうしても人間都合の考え方になってしまうのは、仕方の無いことなのでしょうか?
野生鳥獣との共存が望ましいのでしょうが、現状は不可能に近いでしょう。
言い方は悪いですが、共存を望むのであれば、人間達が犠牲を払うしか無いのでしょうね。
果たしてそれをできる人がいるのでしょうか?
言葉だけなら何とでも言えるのですがね・・・

ザラタさん基本陸亀が好きな訳ですね^^

ところで、気になったんですが・・・
ザラタ君とカズウリ君の名前の由来とかってありますか?
家の金魚はそもそも名前付けてないや!可哀相に

黎さんへ

そうなんですよ♪
ゾウとかサイとかに比べるとマイナーですが、リクガメが好きなのですっ。

名前は呼びやすい音で決めました。
性別がわからないので、どちらでもよい名前にしました。
後、人とかぶりたくないので、英語、日本語は避けました。
ザラタはアラビア語で「石」、カズウリはスワヒリ語で「かわいい」という意味です。

上州羽物クラブさんへ

食糧危機などの問題を抱える、ジンバブエでは野生動物を利用した観光が経済的に役に立っているようです。
人間と動物にとってWin-Winとなる政策がどんどん確立し成功するとよいですね。

プロフィール

ザラタヌシ

Author:ザラタヌシ
カメの飼い主。
カメを見てるだけで、幸せな気持ちになります。

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。