スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母たちの村

アフリカの映画母たちの村(Moolaade)観ました。
アフリカ人(Ousmane Sembène -2007.6.9)による映画です。
アフリカ人が「アフリカ人に向けて」強くなることを呼びかけているように感じました。

欧米諸国が作った映画のアフリカ人とは違うアフリカ人が描かれていると感じました。外国人が描く日本人に違和感を感じるのと同じです。武器と哀れな「黒人」の映画ではありません。


ブラッド・ダイヤモンドを観て、ダイヤモンドを購入することを止める人がでたら、
ダーウィンの悪夢を観て、ナイルパーチを、食べることを止める人がでたら、
ナイロビの蜂を観て、メガファーマがアフリカで新薬臨床と共に医療支援を減らしてしまったら、
ホテル・ルワンダルワンダの涙を観て、国連による武力制圧を支持する人が出たら、
困るのは、映画を撮った人、観た人ではなく、アフリカ人なのではないでしょうか。

飼育しているリクガメの故郷の映像が観たくて、アフリカが舞台の映画を観るようになりました。
もう少し、観てみようと思います。
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

コメント

非公開コメント

プロフィール

ザラタヌシ

Author:ザラタヌシ
カメの飼い主。
カメを見てるだけで、幸せな気持ちになります。

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。