スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土を長持ちさせるために

マメ科牧草(レンゲ、クローバー)を輪作し、根粒菌の働きで土壌窒素を富化します。
石灰を混ぜphを調節して、雨による土壌の酸性化を防ぎます。
米の研ぎ汁(炭素率(C/N比)が低く早く養分になる)を土にかけています。
土中の通気性をよくして微生物を活性化するため、ミミズをプランタに入れてみました。

養分役割過剰不足
チッソ(N)作物の体を作る蛋白質、酵素の蛋白質、葉緑体蛋白質の構成成分。作物の要求量が多く、最も不足しやすい養分。徒長し、軟弱になるため病害、虫害に侵されやすくなる。土壌中の窒素が不足すると下位葉に含まれる窒素が、新葉に移動するため、下位葉の色が淡く、黄ばむ。
リン(P)主に開花結実に関係する。花肥(はなごえ)または実肥(みごえ)と言われる。鉄や亜鉛の欠乏症を引き起こす。(稀)全体的に生長が悪くなり、下葉が妙に濃い色(赤紫色を含む)に変わる 。
カリウム(K)主に根の発育と細胞内の浸透圧調整に関係する。根肥(ねごえ)と言われる。牧草は、大量に要求する。一般の耕地でもカリウムは不足しやすい。カルシウムやマグネシウムの欠乏症を起こす。(稀)下葉が枯れ上がったり、古い葉の縁や先が薄茶色に変色する。あるいは、褐色の斑点が現れる。
カルシウム(Ca)細胞壁や原形質などの膜構造維持に働く。土壌環境を整える。強アルカリ化して、マンガンやホウ素を植物が吸収できなくなる。植物体内で移動しにくいため、上位葉の周縁部に切れ込みがはいる。
マグネシウム(Mg)葉緑素を作り、リン酸の働きを高める。カルシウムやカリウムの欠乏症を起こす。(稀)下位葉から葉緑素が合成されなくなり、葉が黄ばみ、葉脈が浮き上がる。
イオウ(S)窒素とともにタンパク質の原料となる。硫化水素ガスが発生し、植物が激しく傷む。窒素欠乏と似ているが、植物体は比較的大きい。
※多量元素の内、炭素、水素、酸素は、空気中や土壌の水から吸収するので不足しない。
【参考文献】土壌学の基礎

東京だと古い土の処分に困ります。
でも、プランター栽培だと用土から養分が水で流れ出てしまいます。
米のとぎ汁等の有機物は与えすぎると、根を痛めたり、コバエが湧いたりします。
試行錯誤してみます。
RIMG8047.jpg RIMG8048.jpg


各種元素の過不足と病害虫被害発生程度の関係
スポンサーサイト

テーマ : 野菜づくり
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます。

どこに返事を書いてよいのかわからないので、ここに書きます。
他の場所がよければ、教えてください。ここはいわゆる過疎ブログなので、何を書いても大丈夫です、むしろ、大歓迎です。逆に、宣伝にはなりそうもありません^^;

Wiesner and Ibenの実験結果は、飼育の参考にしています。我が家のケヅメの甲羅のボコリを見ても、乾燥とは無関係ではないと感じます。
でも、Type1、2、3のどれも蛋白質多すぎですよね。「多い」、「もっと多い」、「更に倍」という感じかと・・・。
後、経口摂取した水分量も知りたかったと思いました。湿度が低くても、水分の多いウチワサボテン等を食べて、体内の水分量を一定以上に保つことが出来れば、ある程度PGSを防げるのでは?と、私は根拠もなく推測しているのです^^;

ブログ読ませていただきました。紫外線について、もっと勉強しようと思いました^^;
お互いに情報交換、意見交換ができると、嬉しいです。
よろしくお願いします。

気にしすぎでしょうかね (^^;
では、お言葉に甘えて。

こちらこそ今後とも意見交換させてくださいね。

さておき、確かに Type1-3 のどれもタンパク質は多いですね。穿ったみかたをすれば、著者らは湿度という因子がもっとも効果的にあらわれるように実験をデザインしたのかもしれませんね。当然それが悪いと言うつもりはありませんが。

結局のところ、PGSを引き起こす仕組みを詳細に解き明かさねば(物質レベルでどうなっているかを説明できないと)何ともいえないのかなあと思ったりもします。

ところでカルシウム消化率の論文も読んでいらっしゃることですから、ザラタヌシさんは生物学系(出身?)でしょうか?

また何か面白い論文があればぜひ教えてください。

hermanni_hermanniさんへ

専攻も、職種も、違います。大亀(ケヅメとヒョウモン)以外のことは、基本的なことも知らず苦労しています。
リクガメ飼育歴も一年と短いので、間違ったことも書いている可能性があります。ご指摘いただけると嬉しいです。

リクガメ飼育に役に立つ資料であれば、何でも読んでみたいと思っています。こちらこそ教えていただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。
プロフィール

ザラタヌシ

Author:ザラタヌシ
カメの飼い主。
カメを見てるだけで、幸せな気持ちになります。

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。