スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飼育書を疑う

リクガメは飼育方法が確立していないため、飼育書によって記述が異なる場合があります。
記述の分かれる所を書き出してみました。

リクガメは生息地も様々で、その食性も種によってことなります。
例えば、我が家のケヅメに市販のコマツナを5日間ぐらい連続で与えると、蛋白質過剰となり、ざらついた尿酸を出してしまったりします。
他種のリクガメにとってバランスのよい餌が飼育しているリクガメにもよいとは限りません。
飼育しているカメをよく観察することが大切だと思います。

12003年8月 初版リクガメ大百科小家山仁 - レプタイルクリニック院長
22003年8月 初版リクガメが100%喜ぶ飼い方遊ばせ方霍野晋吉 - エキゾチックペットクリニック院長
32003年3月 初版ザ・リクガメ塩谷亮 - Hardcore Petshop Gentleman Loser開業
42007年8月 新版リクガメの医・食・住新版管野宏文 - 爬虫類(分類学)研究家
リクガメの医・食・住は2002年の初版から5年も経っているのに、驚くほど内容が変わっていません。

 餌の回数配合飼料
1肉食性で獲物を捕食して生活しているカメと違い、草食性のカメの場合は基本的に、毎日餌を与えたほうがよいでしょう。一概には言えませんが、幼体ややせている個体などでは、一日に数回(最低でも2、3回は)与えるようにします。全てのリクガメにおいて理想的な栄養配分になっているわけではないので、野草や野菜に混ぜて与えるようにするのがよいでしょう。自分が飼育している種にリクガメフードが適しているかを考え、これのみを頼りにせず、野菜や野草メインにしてバランスのよい餌を与えるよう心がけましょう。
2エサは一日一回が基本です。草食のリクガメは、大人のカメでも毎日与えるようにしましょう。市販のリクガメフードには動物性たんぱく質が含まれていることが多いので、乾燥したカメたちには少なめに。成分をチェックしたうえで、週一回程度にとどめましょう。
3 完全草食の種に対しては、ややタンパク質の含有量が多いことと、繊維分の量などの点からこれだけで飼育が可能なものではないと思いますが、果物同様、野草や野菜にトッピングして与えるとよいでしょう。
4幼体からふ化後2年目くらいまでは、毎日1回与えるようにします。亜成体や成体の場合は、エサの回数も2日に一回で十分です。栄養価や栄養バランスともに問題はないのですが、繊維質の含有が今一つ。リクガメの場合、これのみ与え続けると便秘の遠因にもなりかねないので、野菜などの自然食を副食として毎回適量与えるとよいでしょう。

 ビタミン剤カルシウム剤
1レタスしか食べないとか、くだものしか食べないといった栄養価の低いものを偏食している個体でない限り、普段から色々な野菜を与えているのであれば、ビタミン剤はそれほど頻繁に与える必要はないでしょう。それぞれのカメの状態に合わせて、週に1、2回、餌に少量を振りかける程度でよいでしょう。成長期の個体では特に必要量が多いと考えられるので、毎日、適量を餌に添加します。成長がほとんど止まっているような成体では、週に2、3回添加する程度で問題ないでしょう。
2エサから摂取するビタミンで足りないときは、ビタミン剤を与えます。エサだけでは足りないときは、小鳥用カトルボーンやボレー粉、卵の殻などを上げてみましょう。カルシウム剤やビタミン剤を併用することが常識になっていますが、カメの種類はもちろん、与えている餌の成分や飼育環境とのバランスが重要なため、「何を何グラム、何日ごとに与える」と言い切れないのが難しいところ。サプリメントはあくまで補助と考え、できるだけ餌の植物の種類を増やすことで自然にバランスが取れるようにするのが理想的です。
3  
4ビタミン剤をエサに添加する場合、飼われているカメがいったいどの種類のビタミンが不足しているのか、正しく知ることは不可能に近いので、総合ビタミン剤を添加します。ビタミン剤は与えすぎると害になることもあるのですが、爬虫類の場合効率よく摂取することが出来ないので、極端に多く与えなけばビタミンの過剰摂取による疾患はそれほど神経質に気にしなくても大丈夫です。飼育下でリクガメを健康に保つためには、ビタミン剤を定期的に投与したがよいでしょう。カルシウムもビタミン同様で、飼育下では不足しがちです。当然ビタミン同様、週に1回くらいは添加した方がよいでしょう。

 ほうれん草キャベツ
1これのみを与え続けるのは問題ですが、与える餌のメニューの一つであれば、他の野菜の栄養価と総合して考えた場合、問題となることはほとんどないでしょうこれのみを長期的に与え続けているといった場合を除き、与えている数種の野菜の一つであれば、あまり問題になりません
2  
3シュウ酸はカルシウムと結びついて吸収を阻害するため、これを多く含むものは食餌に適しません。シュウ酸を多く含む野菜として代表的なものにホウレンソウがあります。キャベツのみを大量に長期間(何年?)に渡って与え続けるようなことなければ、神経質になる必要はなく、バリエーションの一つとして組み込む分には問題ありません
4シュウ酸を多く含んでいるため、腎臓結石の遠因となる可能性があるので、与えないほうが無難です。大量に長期間に渡り摂取すると、ヨウ素の取り込みが阻害され、更に甲状腺ホルモンの生成が阻害されるので、与える場合には少量にとどめておきましょう。

 レタス牧草
1水分補給の目的で利用することができます。マメ科やイネ科の植物などの牧草として利用されるものなども餌として使えます。
2水分補給のため組み合わせて与えるならOK。乾燥した地域のカメなどは、いつも青々とした草ばかり食べているわけではなく、枯れた草も食べています。小動物用に市販されている干草を野菜に加えてあげるとよいでしょう。
3あまり水を飲まない種に対しては、意識的にそのエサに混ぜることによって水分補給に役立ちます。 
4嗜好性は高いのですが、偏食に陥りやすく、また長期間与え続けると体調を崩す場合があるので、日常は与えないほうが無難でしょう。乾燥牧草なら入手可能でしょうが、わらと同じで、例え食べたとしても効率の悪い爬虫類の消化器系では、ほとんど消化吸収されずに排泄されてしまいますので、栄養的にあまりよいエサとはいえません

 ケヅメの餌ヒョウモンの餌
1繊維質の多い葉野菜や野草などを与える。水分補給のために果物を与えてもよいが主食にはならない。イネ科植物などの繊維質の豊富な野草や葉野菜を与える。
2エサは野草や葉物を中心とした野菜など。多少は果物などをあげてもいいでしょう。完全な草食性なので、エサは野草と野菜を中心にあげます。繊維質の多い干草などもお勧めのエサです。
3完全な草食として扱い、各種の野草や野菜を組み合わせて与えます。あまり、水を飲まない個体が見受けられますが、このような個体には、意識的にキュウリ、トマト、レタス、ハクサイなども混ぜて与えエサからの水分補給に努めます。完全な草食として扱います。特に繊維分の多いエサを要求するので、野草を干した食餌を与えます。イネ科の植物を好む個体が多く、ウサギなどを対象に市販されている干草もよいエサとなります。
4  


飼育下のカメが何を、どれくらい食べるか、「判断」するのは飼主なのです。
スポンサーサイト

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

コメント

非公開コメント

なるほど

4冊も持っていらっしゃるのですね(^^;

「小松菜続ける→尿酸ざらっと」の話は我が家の亀にもそのまんま当てはまります。最初のころはその意味が理解できないアホ飼い主でした。反省。いまは、尿(尿酸)、糞の様子を見ながらやってますが…。

飼育書には水分補給の重要性も説いてもらいたいものです。

hermanni_hermanniさんへ

最近、カメの食欲がベランダ菜園では追いつかなくなり
どんな餌を入手しようか悩んでいて、久しぶりに飼育書を引っ張り出してみました。

ヘルマンも小松菜で尿酸ざらつきますか。
窒素代謝物が尿酸の乾燥地帯のリクガメには、やっぱり高蛋白、低繊維食は厳しいですね。

そういえば、「リクガメの医・食・住」に、ヘルマンリクガメは
「湿度に対して気を使わなくてよいタイプ」と紹介されています。
もし、誤った飼育をされてしまうカメがいたら、かわいそうだなと・・・思いました。

そうなんだ!

市販の小松菜1週間位続けてあげました、そういわれれば沢山尿酸してました!普段、あまり沢山しない子なのでたまに大量に出ると「結石になってない」なんて安心していました、、、おバカですね(反省)
数日前、結石らしい綺麗な5mm位の白い塊があったんです!潰したらジャリって潰れたから結石ですよね?
冬場は食欲が落ちるので市販のカメフードを数日おきにあげていたのですが、それも良くなかったのかしら?
毎日していたウンチが出ない日が増えて、温浴させないと出なくなってたんです。冬だからかな?なんて思っていたんですけど、結石が出てからは毎日自力でウンチしてます。
でも、乾燥気味なのか「硬すぎないか?」って感じ、汚れなくていいんだけど、、、なんていってる場合じゃない?う~ん、難しいですね。

ケヅメは窒素代謝物(蛋白質)を体内の水分が不足していると尿酸、足りていると尿素(液体)で排出します。
だから、尿酸を普段しないってことは良い事だと思いますv-411

ザラタも結石を出したことがあります。かわいそうですよね。
原因と思われるモロヘイヤは二度とあげないことにしましたv-406

高蛋白のリクガメフードは、結石疾患数一位のケヅメにはよろしくないと考えて
我が家では与えたことがありません
だから、ちょっとわからないですが、水分補給をしても食物繊維が少ないので便秘になる可能性はありそうですよね。

勉強になりました。

ザラタちゃんは幸せですね~
良い飼い主に選ばれて♪
食物繊維といえば、海草類はどうですかね?
青汁を寒天で固めるとか、、、ダメ?
冬場は食欲落ちるし、美味しそうな草も少なくなるし、水分補給にも良さそうな気がするんだけどなぁ。。。

みけさんへ

海草を与えたことがないので、ちょっとわかりません。
ただ、寒天で固める作業を毎日、何年間も続けるのは、大変そうな気がします。

我が家の水分補給としては
・キュウリ、レタス(芯の方)、多肉植物などの水分の多い野菜を与える
・餌は水で洗って濡れた状態で与える
・水入れの水をこまめにかえる
なんてことを気にかけています。

食物繊維摂取にはイネ科牧草を与えています。
ザラタのウンチを見る限りかなりよいです。
イタリアンライグラスなら、種さえ蒔けばほっといても雑草のように育つので冬場の餌としてかなり重宝しています。

ザラタも冬は比較的食欲が落ちます。
日光浴も運動も、冬はどうしても少なくなるので、それでよいかと思っています。
ただ、あまり食欲がないようなら、ケージの設定温度を上げたり、運動量を増やすとよいのかもしれませんね。
プロフィール

ザラタヌシ

Author:ザラタヌシ
カメの飼い主。
カメを見てるだけで、幸せな気持ちになります。

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。