スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナミビア

カズウリ100グラム突破しました。甲長も7.8センチと、順調に成長しています。
RIMG1982.jpg
ヒョウモンガメは亜種分けをしないのが一般的だそうです。
以下が、ナミビアヒョウモンガメ(Geochelone pardalis pardalis)とバブコックヒョウモンガメ(Geochelone pardalis babcocki)の見分け方だそうです。
・甲羅が扁平で、やや細長い。
・甲羅の黒い斑紋が細かい。(幼体時は判別不可能)
・四肢に暗色の班がある。
・各甲板に複数の黒斑がある。
・首、尾に黒い線がある。
RIMG1996.jpg RIMG1998.jpg
さて、我が家のカズウリはというと
・甲羅が扁平で、やや細長い。
 →バブコッキに比べれば扁平で細長いです。家に来た当初はもっと扁平でした。
・甲羅の黒い斑紋が細かい。
 →成長して、細かいきれいな斑紋がでてきました。
・四肢に暗色の班がある。
 →あります。首にも、顔にもあります。
・各甲板に複数の黒斑がある。
 →複数あるのは、椎甲板2枚のみです。
・首、尾に黒い線がある。
 →尾にライン模様がありますが、首にはありません。
といったように、ナミビアの特徴を全て持っているわけではありません。アメリカCBで明確に区別がつかない個体が、日本で多く出回っているそうです。どうみてもバブコッキでしょうと思ってしまう個体がナミビアとして売られているのを見たことがあります。
カメには犬猫のように血統書はありません。そもそも亜種分けをしないことが一般的になっているのです。ワイルドが出回らない以上、ピュアなナミビアはどんどん見られなくなっていくのかもしれません。
もちろん、生き物をかわいがるのに、種なんて関係ないことかもしれませんが・・・。

RIMG1986.jpg 「僕は、ヒョウモンガメ基亜種のナミビアヒョウモンガメです。」

RIMG1988.jpg 「えっ、甲板の模様?」

RIMG1989.jpg 「・・・。」

RIMG1990.jpg 「・・・ナミビアだもん。」
スポンサーサイト

テーマ : リクガメ
ジャンル : ペット

コメント

非公開コメント

プロフィール

ザラタヌシ

Author:ザラタヌシ
カメの飼い主。
カメを見てるだけで、幸せな気持ちになります。

ブログ内検索
カテゴリー
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。